ちょっと意地悪なエッチ

ちょっと意地悪なエッチ

私が体験した、ちょっと意地悪なエッチです。

といっても、ただの焦らしプレイなのですが。

大阪デリヘルyu-guide

服を脱ぐ所までは、いつもと変わりませんでした。

いつまでたっても慣れない私に対して、大して気にする風もなくばさばさ脱いでいく彼。

一緒にシャワーを浴びて、ベッドに入って。

その日は、彼から攻めてきてくれました。

かなり指で愛されたり、舌で弄ばれたりして、その内なにかがおかしい気がしてきたんです。

いつもならもうこれくらいで入れてくるのに・・・。

でも、その後すぐ立て続けにイッてしまって、頭がぼうっとして考えるのが面倒になってしまいました。

ただ、体はもう覚えているんですよね。

まだ、まだって、期待ばっかりしちゃって濡れちゃって。

多分、それは彼も気づいていたと思います。

「入れてって言ってみて」

何回も言われました。

あまりにも恥ずかしくて言わない私に特別苛立ちを表すでもなく、むしろ楽しそうに言うから余計言いづらかったです。

でも、何回も何回も指でイカされるうちに、我慢できなくてとうとう言ってしまいました。

顔から火が出るってこういうことなんだなってくらい暑かったです。

それに、私が言った瞬間の彼の嬉しそうな表情は今でも忘れられません。